葬儀の形

自然葬

死ぬ前に読んでほしいこと

自分の葬儀を考える。

自分の葬儀を位置付ける。

死んだときの事柄など位置付けるなと両親に怒られたのは遠い過去。

今や自分で「自分の葬儀」を考えられる時代になってきたのである。 さすがに、両親や親せきの葬儀のシミュレーションなどは縁起でも乏しい。

ところが、自分が死ぬ時折不便をかけたくないもので、葬式の日程を考えると、自分らしさがにじみ出て、実に良い日程ができたと自画自賛やる。

何かにつまずいて、ネクストジェネレーションが思えなくなった場合、誰かが「自分自身の葬式に自分自身が参列やることを考えてみなよ。やり記したことが当てはまるかもしれないよ」と言ってくれたことを思い起こした。

日程を考えている最中、両親も精力だし、社もつらいけど楽しいし、まったく死ねないなあとなんとなく思ったのはこのことかもしれない。

ダラダラ調べたら何か表れるかもしれない「本人葬儀」。どのようなものがあるかまとめたので、一度目を通してほしい。自分のやりたい体格は死ぬまで貫き通したいものですね。

葬儀

葬儀の流儀にはそれを行なう面々の死生観、宗教観が深く関ってあり、宗教の違いが単に葬式の様式の幅に陥る。また葬儀は故人の結果だけでなく、残るもののためになさるという全容もきつく生じる。残るクライアントが人の死をどんなに腹の中で受け止め、位置付け、そうして処理するか、これを行うための手当てと達する祭礼が葬儀である。その意味で葬儀は、宗教が文明に発生する以前の旧石器時代から行われてきていた宗教系やり方であると言える。

目下、発見されておる歴史柄初めての葬儀跡と言われている物質が、イラク北部に残るシャニダール洞窟で見つかって要る。こういう洞窟の中には約6万年代前と推定されるネアンデルタール人の骨が見つかってあり、その周辺にはこういう洞窟から探し出せるはずの薄い花粉が見つかったと報告されておる。こういう事を死者を弔うために花を死体の周りに添えたと解釈している。

葬礼の流儀

葬儀
  • 密葬
  • 身寄り葬
  • 国葬・民衆葬・区民葬
  • 福祉葬
  • 社葬
    • 故人が所属していたポイントがメインとなってなさる葬儀。身寄り葬や密葬の後になさることも多い。
  • 生前葬
遺体のケア・埋葬
  • 鳥葬
  • 土葬
  • 風葬
  • 洗骨
  • 水葬
  • 火葬
  • 宇宙葬
遺骨のケア
  • 納骨
  • 分骨
  • 樹木葬・散骨

日本の葬祭職業

葬儀は近親奴が執り味わうのが実態である。ただし、葬儀は短期間で大量の事務処理をこなさねばならず、また、非常にペースが低い催し物の結果、通常のみで執り行うのには限界がある。なので、葬祭をサポートする付き職業として、葬祭職業がいらっしゃる。事柄認可はなくだれでも取りかかりられるが、遺体、宗教、関係法規など多岐にわたる認識が要求される。

従事するもののわざを審査するべく、「葬祭コーディネータわざ確認」が厚生労働省の認定の下で実施されている。調節、司会、次第には対象認識が必要であり、わざ奴としての手の内が起動されると、良い葬儀がなさるためあろう。また、霊柩車は特定の車両運送となり、運搬職業の許可が必要である。

従来は、環境に左右され辛い業界であったが、平成時代に至りそれまで死を厳禁視講じる傾向に対し急速に自省や見直す風潮がひろがり、葬儀の形式が広範囲化するとともに、ひいてはデフレが長引くに従い、葬儀のミニサイズ化が進んだ。

我が国における葬儀に関する諸論点

標準葬儀は殆ど行われない柄、親せきが亡くなることを考えるのは縁起が腹黒いなどの事由もあって通常は何故いいのかよくわからないものである。

目下、こうした親せきの無知に付け入り、法外な対価の葬儀代価を請求する事例が増えてあり、顧客身の回り中程などに相談が寄せられて要る。

葬儀費用には、葬儀そのもの総計の他に、飲食や返礼商品などの原価費用が更に必要になるが、事前に参列奴通算が思い付か結果、葬儀打合せときの見積りにはプライスが書かれていないことも多い。この場合、委託ところ原価代価取り分が加算されて揉め事になりやすい。

互助会に加入の場合も中止など揉め事がある。これは互助会加入ところ、リーダー続行の営業が過剰な提示トークを展開してしまい、中止時折一定の手間賃を引かれる振る舞い(掛け金にかかわり無く、ほぼ3〜5万円)、当時の祭壇に因るので、積立値段分のオフにしかならない。積み立てたお金には一切の利回りなどがつかないことが揉め事の原因のようである。また中止もスムーズに行われない場合がある。事前に評価の薄いエクストラチャージを請求する事例がある。2011年代12月には、冠婚葬祭法人の互助所属を中止した際に、高額な手間賃を請求することが顧客所属法に違反するとの初修得が、京都地裁で示されている。

葬儀代価の世界各国の照合

我が国: 231万円、英: 12万3千円、ドイツ: 19万8千円、韓国: 37万3千円、アメリカ合衆国: 44万4千円となっている。

葬儀法人と僧侶

葬儀法人が寺院(僧侶)を紹介することが多い。

お布施からリベート

葬儀業者によって僧侶が紹介された場合において、僧侶が受け取った布施の端が、葬儀法人にリベートとして達する、不透明な定例が広りつつ残る。リベートは僧侶が属断ち切る宗教会社の財布に振り込まれることもあり、タックス逃れの可能性も指摘されてある。

布施の総計条件(葬儀)

イオンが、自己為し遂げる葬儀お披露目付きにて「布施の総計条件」を打ち出した店舗、全日本仏教会などの一部の仏教界が「布施に正価はない。企業による宗教やり方への介在だ。」と反発しておる。但し8宗派、我が国約600の寺院の連携が貰えることになった。将来、これが『正価』として一人駆け回りしてしまうことも難儀されているが、顧客のポストからすれば明瞭な布施総計の明示は素晴らしいとの音声も生じる。

  • 読経セット(「通夜」「葬儀」「火葬スポットでの読経」「初七お天道様」)
    • 読経セット+世の常戒名(信士信女)、もしくは世の常法号=25万円
    • 読経セット+居士大姉戒名=40万円
    • 読経セット+院号居士大姉戒名、若しくは院号法号=55万円
  • 直接葬
    • 直接葬(火葬スポット炉読経のみ)+世の常戒名(信士信女)、あるいは世の常法号=10万円

服飾

日本のこれまでの葬儀での中毒として、葬儀を悲しむべき死者との離別との感覚から、一般に華美な衣裳はウェルカムされず、概ね規格化した黒の喪服が利用されてきた。これは我が国やその他一部の国だけの定番であり、国によって衣裳はま多様である。例えば中国では軽装、韓国は韓国衣類を着るが、遺族は色付けの乏しい粗末な衣類を羽織る。これは両親の死は、乳児の精魂が足りなかったデータと考え謝罪の旨を生み出す結果である。インドネシアのバリ島ではお催しと同様の華美なウェアに男女とも身を包む。これは死者が極楽に迎えられるための、めでたい祭礼と位置付ける振る舞いによる。

日本での通夜、告別カテゴリーなど、親せき以外の奴が集まる場合、各々の衣裳については一般に黒を基本とした衣裳が好まれる風潮がある。住所により、通夜も喪服が礼儀であるとの感覚もあるが、一般的に通夜へ喪服で参加することは無礼にあたる(喪服だと葬儀を予期していたようで無礼にあたるという考え)。何より通夜は急に執り行われることが多い結果、参加する立場が生命と感じる個々もおる(仕事帰りなどで課題衣類しか薄い場合などはそのままで)。一層、忌避受けるのが以下のものである。

避けるべきとされてきた産物
  • 毛皮話題・ファー(殺生を意味する結果)
  • 貴金属グループ(真珠は可)
  • ねちっこい口紅
  • 華美な衣類

上記のように、多くの邦人は確固とした宗教観、死生観を欠けることが多い結果、死を厳禁視し忌み嫌い、葬儀は祭礼としての型に拘り狙い過剰に罹る残余、近所に対し過剰にあわせようとやる風潮が硬い。そのため横並びの当たり障りのないような衣裳や礼典がコミュニティーによりできあがった。最近では葬祭法人が助言を届けることが多い結果、全国的なローカル色つやは消え、二度と規格化されつついらっしゃる。

斎場

斎場(さいじょう)は、

  1. 祭礼がなさる事柄。元来神道言語で、祭祀・祭礼を行なう事柄を指した。
  2. 現代の日本では転じて主に葬儀(葬式)を望める建物を示す。

神道での使い方

神道では、恒常的に設置されている神社の他、必要に応じて野外・仮設家などを、祭祀・祭礼のスポットとして組み入れる場合がある。これらのスポットを「斎場」と叫ぶ。とにかく葬儀は死穢(しにえ)を忌み嫌うことから、神社では行われず死者の住まいなどのスポットに神主が赴き執り行われる。こういう葬儀がなさるスポットのことも斎場といった。

一般的な使い方

日本では葬式(宗教によってことなるが通夜・告別カテゴリー)を行える事柄、一際葬式の執り行いに特化した建物をさす。葬儀が住まい葬から会場葬に転じるに従い、葬儀会場として通じる事柄が「斎場」を訴えるようになった。区分が概念的であり、葬儀を立ち向かう宗教建物(寺院・教会)なども括られる。

「葬儀を行なう建物」としては、市町村や端業務団体・公社が運営する公営の建物と、民間の葬祭法人が運営する建物に分かれる。前者は「地名orX営+斎場 or 聖苑」のタイトルを扱うものが多いが、次は「会館」や「XX広場」のタイトルを取り扱う企業が多い。

斎場では葬儀に必要な物質(祭壇・仏花・僧侶など宗教お家の仕度など)が葬祭法人を通じて準備される事が普通であり、葬儀がなさるまで亡骸を安置始める霊安室や、遺族・親せき向けのウェイティングルーム(和室で、布団を借りて通夜から翌朝まで一泊もらえる場合が多い)が設置されている建物が珍しくない。

建物によるが斎場が近くに無い住所では公民館の部屋を葬儀スポットとして使用できる場合もある。また、宿屋でも婚礼などに通じる集団スポットで葬儀をやれるように企画してある所もある(遠方からの弔問奴が多い場合に逗留仕度の心配が軽減させられる結果有利である)。ただし、これらは葬儀マテリアルが準備されていない事が普通であり、葬祭法人に葬儀スポットの調節を依頼する必要がある。

いずれの建物も敢行に当たっては「会場料金」が徴収されることが普通である。公営斎場は直営行政の住人であれば料金が抑えられるなど低貸し賃の結果、会場の調整が埋まりやすく、葬儀を執り行えるまで数日待たなければならない場合もある。

住まい葬の因習がねばり強い故郷部を除き、公営建物で火葬スポットだけを設置することは滅多になくなり、火葬スポットと葬儀会場を併設した「公営斎場」が取り付け(新規・建て替え)されるようになっている。このため、住まい葬の因習が無い住所では、公営斎場=火葬スポットも併設されていると見て差し支え無い。

西洋(キリスト教神式)では通常の葬儀が仏式と比べて簡略化されている結果、斎場にあたる建物が付属せず、遺体安置企業分の建物(英国:mortuary)のみ所在やることが多い。