身内が亡くなったときには葬儀を執り行うことになりますが、

それに至るまでにはさまざまなことを決めながら行っていくことになります。

喪主や遺族がやるべきことを段落にわけて書いていきます。

喪主がやること

喪主とは

喪主とは、遺族の代表者ということです。

つまり葬儀や葬式の主催者ということになります。

故人に代わって弔問をうける人で、だれが喪主になるのかは、通夜の前までには決めたほうがいいです。


喪主の決め方

喪主の決め方ですが、法律的なルールというものはまったくありません。

故人の家族で相談をして決めていくのがふつうです。

一般的な慣習としては故人の配偶者や、配偶者がいないときは故人の長男が多いです。

もし配偶者や血縁者もいないというときには、葬儀社が喪主を代行することもあります。


喪主が行うこと

喪主が行うことはかなり幅広く

まず故人の信仰や宗派を前もって確認しておく必要があります。

これによって葬儀のやり方が変わってきます。

さらに葬儀の予算と決めていく必要があります。

葬儀の日にちをきめたり大体の予算、参列者への連絡などをするのです。

町内会に入っている場合は、班長や区長に連絡をすることも忘れないほうがいいです。

葬儀の段取りや遺影の準備も必要です。


葬儀の場所について

葬儀の場所ですが、自宅、寺院、集会場、斎場などの選択肢があります。

葬儀の規模や予算によって葬祭業者とよく相談をしてきめていくことが一般的です。

こじんまりとした葬儀を考えているのなら、自宅や葬儀場で家族葬などをするのも1つの方法です。


住職・寺との段取り

住職との段取りは、自分が檀家になっている場合はそこの住職に電話をいれて葬儀の依頼をすることが必要です。

檀家になっていないというときには、まずは葬儀社に相談してみると、手配をしてくれます。

その場合はある程度の金額の提示をしておくことが必要です。

なにもわからない状態ですと、法外な金額をあとから請求される可能性があります。

檀家の場合ですと、葬儀がいつなのかや、車の手配はどうしたらいいのか、費用はどの程度用意したらいいのか、戒名および費用などを、きちんと確認することが必要です。

あとから費用が膨らまないためにも金額をきちんと聞いておくことが大切です。


喪主とは

予算決め・葬儀社を選び

葬儀社を選びですが、前もって候補をみつけておくことが必要です。

親が高齢になったとか認知症になっているというときには、葬儀の見積もりをとっておくことも大事ですが、突然の葬儀のときは、ご近所の人に聞いておくとか、ネットで予算を確認しながら絞りこむということがいいでしょう。

病院で進められる場合は、業者と提携していることがあります。

その場合も、費用をしっかりと確認して、追加費用があるかどうかも確認して納得したうえで申し込んでいく必要があります。


斎場との連絡

斎場の段取りについては葬儀会社の方と打ち合わせをすることになります。

葬儀会社のいうままにお願いすると予算も膨らむことになるので、ある程度の予算をきちんと話して段取りをきめていく必要があります。


参列者への連絡

参列者への連絡は、町内会に入っている場合は班長さんに依頼すると地域の人に連絡をしてくれます。

そのほか故人の友人関係は、友人の一人の人にお願いして連絡をしてもらうとか、そのほかの知り合いに連絡を依頼するといいでしょう。

親の場合だれと交友があったのかわからないというときには、親の手帳をみてみるとか、住所録から確認していくしか手段はありません。


遺影について

遺影の準備ですが、事前に用意していたという人はまれです。

多くは所持しているアルバムの中から選んでいくしか方法はないですが、親族で故人がよく写っている写真をみせあって決めていくしか方法はありません。

集合写真でも比較的に大きく写っている写真やスナップ写真でも笑顔の写真を選んでいくといいでしょう。

また遺影は引き伸ばすので、ピントが合っている写真のほうがいいです。

喪主が行うこと

告別式の挨拶

告別式での挨拶では、参列者に対する感謝の気持ちを述べることと、故人の生前の様子を話すことになります。

どのように話していいかわからないという人もいますが、例文はある程度きまっています。

しかしながら例文通りだけでなく、故人の生きた証を簡単でいいので挨拶の中で盛り込んであげると故人を送り出してあげるためにも必要なことです。



このように葬儀というのはとても忙しいものです。

とくに喪主になるとやることがとても多くてそれだけで、精一杯ということにもなりかねません。

ですから最近は配偶者が喪主になっていても、実際の手配などは長男がやるという人も多いです。

だれがやるのが大事というのではなくて、故人を優しく送り出してあげるという気遣いが葬儀には一番大切なことです。

そのためにも、病気があって余命がある程度わかっているときには、ある程度準備をしておくのが必要です。

さらに人はいつなくなるかわかりませんから、それぞれがエンディングノートなどを用意しておくことも今後は必要になってくるかもしれません。



葬儀社を探す方法


一番安い葬儀社を探す方法は、一括無料見積サイトの活用です。

葬儀社見積もり

葬儀レビ

1回の見積もりで10社の無料見積もりが取れるので、非常におすすめです。

>>http://www.minrevi.co.jp

葬式見積もり



葬儀 見積もり

格安葬儀

■プラン例
火葬式:148,000円
一日葬:278,000円
家族葬:398,000円

>>http://お葬式なら格安葬儀.net
葬式見積もり
今なら資料請求で5000円分の割引券をもらえると、是非活用したいですね。


葬儀レビを利用した人の体験談
独り暮らしの叔父さんが突然亡くなり、唯一の身内だった私が喪主を務めることになりました。しかし今まで葬儀の喪主をつとめたこともなく、誰に連絡すればいいのかわからず焦ってしまいました。そこで葬儀レビを利用して、葬儀会場を選び、一括見積りをしてもらうことにしました。複数の候補があり、その中から費用やサービスを比較して好きな葬儀会社を選ぶことができたので良かったです。依頼した葬儀会社のスタッフがとても親切で、火葬場の予約がとれているかもちゃんと確認してくれました。弔慰金を受け取ったときの管理方法も葬儀レビであらかじめ調べていたので、安心して満足のいく豪華な葬儀を行うことができました。

認知症になり、体調も悪くなった祖母が入院することになり、母と先のことを話し合い、もしもの時に備えて葬儀会場の手配の相談をしようということになりました。インターネットで検索をしたところ、一括見積りの依頼ができる葬儀レビを見つけました。
早速、依頼フォームから送信をすると専門の相談員が対応してくれました。おかげで祖母が亡くなった時にも豪華な葬儀で火葬場の手配や弔慰金の対応などもスムーズに済ませることができました。

親の葬儀で、葬儀レビを利用し、葬儀を行いました。葬儀レビでは、一括見積りで、最大5社まで同時に見積もってもらえるので、費用の相場がわかりました。また、全国の葬儀会場、火葬場の情報が掲載されていたので、近場で利用できる葬祭場の情報を得ることができました。
弔慰金をどうしたらいいかわからなかったのですが、無料の相談窓口があり、親身に相談にのってもらえました。思ったよりも豪華な葬儀ができ、親も喜んでいると思います。


急な葬儀でどこに頼めばいいのか解らなくて、ネットで探していたら葬儀社を簡単に一括見積りできる装備レビを見つけて試しに利用しました。
一括見積りをするつもりでしたが、葬儀会場や斎場や火葬場を地域別で検索もできて便利だと感じました。
葬儀費用や葬儀の流れで、弔慰金の相場も書かれていて葬儀の事を知らない初心者の私にはとても参考になりました。
一括見積を使って相場よりも安い葬儀社が紹介され、葬儀を依頼して不安でしたが、思っていたよりも豪華な葬儀で親戚に褒められました。



私はどこの葬儀会社に葬儀の依頼をすれば良いか分からずに困っていた時に葬儀レビを利用したのですが、葬儀会社から一括見積りを出してもらうことができて本当に助かりました。
そのおかげで葬儀会社によって葬儀会場の広さや火葬場への手配の仕方が違うことがよく分かりましたし、食事の豪華さの違いについてもよく理解することができました。
この葬儀レビを利用したことにより安い費用でしっかりとした葬儀を行ってくれる会社を探すことができたので本当に良かったです。
また弔慰金のことについて細かく書かれていたおかげでそれに関する知識を身に付けることができたので、その点についてもとても感謝しています。


シンプルなお葬式を利用した人の体験談
一日葬、家族葬と選ぶことが出来ました。そして、僧侶手配もお布施などを悩むことなく定額でやってもらえるということだったので、どれくらい包めばいいのかわからないということがなくとてもわかりやすくてありがたかったです。参列者が大勢来るという人にはあまりおすすめは出来ませんが、うちのように家族だけで済ませてしまいたいと思っている人には格安ですしシンプルでわかりやすいのでいいのではないかと思います。


最近テレビやインターネットなどで、シンプルなお葬式が宣伝されており、興味があったのですが、つい最近身内の不幸で経験することになりました。
華やかさなどは全くなく、いわゆる家族葬的な雰囲気で、お通夜もないので一日葬と言えます。もちろん、値段は格安で20万円程度で済みました。僧侶手配などはなくお経もあげずに、出棺の儀式と火葬式をとり行い、お骨をいただいて、持ち帰るというところまでになりました。
正直なところ寂しさは残りましたが、自分のときにも、この方式でひっそりと行ってもらえればいいという印象は残りました。


田舎の名のある旧家というわけではなく、一般の家庭であり、亡くなった祖母は100歳を有に超えていたため、火葬式、一日葬、家族葬の中から、最終的には家族葬を選んで葬儀を執り行いました。家族葬といっても、遠方の親類には葬儀を済ませてから連絡をしたので、数人の参列で終わりました。僧侶手配は、葬儀場に任せたので、格安でありながら、一応の格式を持って葬儀が執り行われたため、祖母のためにもとても満足することが出来ました。


身寄りがない親戚が亡くなった時は、お金もなかったのでシンプルなお葬式にしました。火葬式を選択して、一日葬で済ませたため、家族葬として最低限の人数と金額で抑えることが出来ました。僧侶手配など、すべてのことが含まれているサービスを利用したので、こちらの手間がかからずに格安で終えられて良かったです。お葬式の値段を抑えたことで、お仏壇などを豪華にしてあげることが出来たところが、救いになっているのではないかと思いました。


母親が急死してしまった際に一日葬というシンプルなお葬式を利用させていただきました。火葬式ではありましたが費用が格安で僧侶手配も業者さんのほうで行ってもらえましたので、初めての喪主で戸惑うことばかりだった私としては大変ありがたかったです。
母の職場の同僚などは呼ばず家族葬というかたちで身内だけの葬儀を執り行ったのも、費用が少なく済んだ理由だったように感じます。料理や会場の手配もこちらがする必要がなく、本当に楽に終わったのが印象的でした。



▲ページトップに戻る